土佐・高知南国市の打ち刃物匠・豊国(トヨクニ)庖丁狩猟剣鉈を製作・販売高級刃物オーダー大歓迎!電話088-862-2819アウトドアナイフ、メンテナンス等 15500種類以上 通信販売。日本の刃物をEMSにて海外発送可能。畑仕事・山(山林)・狩猟・竹細工・薪割斧・薪ストーブ・ ビーパル等雑誌多数掲載エコ刃物無料回収中。

TEL

088-862-2819

10:00〜16:00 土日・祝祭日を除く

FAX

088-862-2817

FAX注文用紙
トップページ > FAQ > 晶之 濱口誠 プロフィール【和式刃物専門トヨクニ】/通販

晶之 濱口誠 プロフィール

四代目晶之 濱口誠 プロフィール【和式刃物専門トヨクニ】

 

鍛造暦33年

1983専門学校卒業後トヨクニに就職(弟子入り)
幼少10歳の頃より父(師匠:濱口大輔)の仕事を目で観察。父が仕事の終わった後の火事場で槌を打って遊び、自然に鍛冶仕事を覚える。学生時代は、帰宅後の鍛冶修行を約六年間続け、コンピューターと簿記の勉強を終え、鍛冶屋に就職。父の教えを忠実に守り、農山林刃物、包丁などさまざまな刃物の鍛造が出来る。10年ほど前より、アウトドアナイフとして斬新なデザインや加工技術を取り入れ、ハイテク技術と伝統の和式刃物技術の融合した新しい和式刃物を常に研究開発。
積極人生に努力精進「本気でやればたいていのことはできる」
「本気でやれば何でも楽しい」「本気でしていると誰かが助けてくれる」
 

代表取締役  濱口 誠 昭和38年生まれ。すべてに積極的、好奇心旺盛
専用メール  info@toyokuni.info
尊敬する人 中村天風
人間一生積極人生なり。 http://www.tempuka.or.jp/
「正直、親切、愉快」「人生は心ひとつのおき処」

2007年
今年の近い すべてに対して積極的に活きます。
行動 加治屋さんめぐり→日本中の加治屋さんめぐりしています。
夏休み子供刃物教室(アウトドアでの刃物の使い方) 刃物普及の為の講演会。
外国刃物研修旅行年数回【アメリカ・台湾・ヨーロッパ・オーストラリア】

 


Sei Hamaguchi
Birth: 24/08/1963

1981 Graduation of high school,
1983 Finishing Computer school and Commercial-Bookkeeping school,
Employment at his father, Daisuke Hamaguchi as apprentice,

When he was born, his family was all of smithery. He, young Sei was always enjoying a hammer at his father's working place in TOYOKUNI factory.
While his student days for 6 yeras, he always helped and tried his father's smith work,
and he therefore could learn and study naturally in his every day's experience of seeing, watching, trying about Smith-Work.

After his guraduation of school, he consentrated really his smith-work under teaching
by expert of Smith-work, Torakiti and Daisuke Hamaguchi.
It is now, he can produce every model's of Forging knives, including agriculture-forestry knives, Cooking knives etc.,

He is getting recently about "Tosa Special Forging Techinics" newly for making Outdoor knives, and also studying design, function, processing technics for his knives.



 

1981 高知東高校卒業
1983 IT専門学校卒
1983 有限会社 豊国鍛場 入社
1993 有限会社 豊国鍛場 専務取締役就任
1993 フォトショップ イラストレーター習得
1994 オートCAD習得
1995 CADCAM NC旋盤習得 
1998 ヨーロッパ刃物修行
1999 北米刃物修行
2000 パリ 代理店契約
2001 有限会社 トヨクニ(改名)代表取締役就任 
2001 ロシアアウトドアナイフショー大賞受賞
2002 ロシアアウトドアナイフショー 2年連続大賞受賞
2002 土佐クラフト組合会長
2002 星ケ岡 アートヴィレッジ個展開催(毎年開催)
2003 マイクロソフトアクセス習得
2006 ハンガリー 代理店契約
2007 三代継承者表彰
2008 ファイルメーカー習得
2010 シンガポール 代理店契約
2012 北米 Toyokuniusa Ltd 設立
2013 ドイツ 代理店契約
2015 中国 代理店契約
    香港 代理店契約
    台湾 代理店契約


2016年2月 四代目豊国襲名

 

トヨクニでは、伝統的な作り方で昔からある刃物も作っていますが、それと同時に時代に合わせた新しいものも日々開発しています。
日本では高度成長期(1970年代)までは各家庭に様々な種類の刃物がありました。野菜用、魚を料理する骨も切れるもの、刺身用、ウナギを料理するもの・・・など台所だけでもいく種類もの包丁を使い分けていました。薪(たきぎ)でフロをわかしていたので、木を小さく割るナタもどこの家にもありました。また鉛筆を削る(けずる)小刀は子どもでも毎日使っていました。

ところが、生活様式が変わり、フロはガスや電気でわかすようになり、魚を自分でさばく(料理する)人も少なくなりました。カボチャなどの野菜も小さいものが好まれるようになり、スーパーではカットされたものが売られるようになりました。そのため包丁は何にでも使える「万能包丁」一本だけという家庭も多くなりました。

家庭で切ることが少なくなった分、食品加工業者が特別な「刃」を必要としてきます。身近な例では、ポテトチップスのジャガイモをスライスする刃、タマネギをみじん切りにする刃、ショウガの香りをなくさずにおろす=(grate)ための刃も必要になってきます。一枚の刃の厚さや角度の違いが生産効率や食品の味と香りを良くも悪くもします。そのためには現場に足を運んで自分の目で確かめ、オペレーターともじっくり話し合い、新しい刃の開発をします。

このごろは刃の制作では3Dコンピューターが威力を発揮しています。CAD(computer aided design)紙に希望するデザインをスケッチすると3Dプリンターから試作品が出て来ます。数字を打ち込むだけで角度や厚さなどの微調整も簡単にできます。従来のやり方では、先ず木で型を作りそれを元に刃を作っていました。少なくとも3日はかかっていました。当然何度もやり直すこともありました。ところがCADによると半日で本物の刃を作ることができます。この方法はHONDAのF1マシーンの作り方と同じです。試作品はコンピューター制御の精密機械で作っています。
このようなことができるようになったのは、3D画像をパソコンで送れるようになったインターネットの力が大きいです。

また最新の技術と素材で次世代の刃物も作っています。握力のない人でも無理なく使うことのできる包丁や最新の医療メスやハサミの開発も大学の専門科の先生と一緒に開発しています。

トヨクニではインターネットにより日々入ってくる情報に注意を払っています。「自分のための刃物」の注文も日本はもとより世界中からいただいています。そのような場合には一本一本使う人のことを思い浮かべて心を込めて作ります。

職人ですから自分がいいと思う伝統的なものを作ることにもこだわりますが、これからも多くの人から声を聞き社会に役立つ「刃物」を作って行きたいと思っています。

晶之 濱口 誠(はまぐち せい)

 

While we have been making knives for a long time in the traditional style at Toyokuni, at the same time we have been
developing new products in line with the times on a daily basis.

Until Japan's period of rapid growth in the 1970s, each household had various types of knives. There were knives for
vegetables, knives that could cut through bone when preparing fish, knives for sashimi, and knives for preparing eel-in just
one kitchen a number of knives were each used a different purpose. Since you used to heat the bath with firewood, every
household had a hatchet for chopping wood into small pieces, too. Even children used kogatana (a small knife) to sharpen
their pencils every day.

However, lifestyles changed and baths came to be heated by gas or electricity, and those who boned their own fish became
few. Vegetables like pumpkins came to be preferred in smaller sizes and so they started to be sold pre-cut in supermarkets.
There have come to be a lot of households with only one "all-purpose cooking knife" that you can use for anything.

While cutting things in the household has become less common, food industry companies have come to need special
blades. As a familiar example, blades for slicing potatoes for potato chips, blades for chopping onions, and blades for
grating ginger so that it doesn't lose its aroma have become necessary. A difference in the thickness or the angle of one
blade can make the production efficiency, the taste of the food, or the aroma better or worse. For that reason we go to the
actual factory locations and confirm everything with our own eyes, discuss things thoroughly with the machine operators,
and then develop the new blades.

At this point in time, 3D computers have been showing their power in the production of blades through computer aided
design (CAD).
If you sketch out your desired design on paper, you can make a prototype model with a 3D printer. Just by punching in the
numbers you can easily fine tune the blade's angle and thickness. In the traditional method, you first made a model out of
wood and then used that as a basis for making the blade. This took at least 3 days. It's only natural that you would have
to start over from scratch any number of times. However, due to CAD, you can make an authentic blade in half a day.
This method is the same as that of Honda's F1 machine. Prototype models are created by precise computer-controlled
machinery.

The reason we are now able to do this is due largely to the power of the internet through which we have gained the ability
to send 3D images with computers.

In addition, we are making next-generation knives with the latest technology and raw materials. We are currently developing
a kitchen knife that people with no grip strength can use naturally, as well as cutting-edge surgical knives and medical
scissors in collaboration with specialist doctors.

At Toyokuni we pay close attention to information on the internet on a daily basis. As it has always been, Japan receives
orders for "a knife just for me" from all over the world. In those instances we think of each individual who will use the knives,
and we put our hearts into making them.

Since we are artisans we are fussy about making traditional pieces that we think are good, but in the future we'd like to hear
the voices of many people and go on to make cutlery that is useful to society.

 

 
フランスにて
インドにて
フランスにて世界のナイフメーカー:マティニ社長
フランスパリにて
ハンガリーにて
ハンガリーにて
コールドスチール リン社長と一緒に!
   
ドイツ刃物ショー  

   
2004アメリカ(ジョージア州アトランタ) アトランタブレードショーにて

 
 
 
詬限会社トヨクニ 
代表取締役 濱口誠


●刃物全般の販売を行っています
(食品刃・特殊機械刃・農山林刃物・美容鋏
鋏・包丁・アウトドアナイフ等)

●日本刀の取り扱い

●アンティークナイフの取り扱い

雑誌に掲載されました
JR雑誌「四国旅マガジン2009年6月号」に掲載・紹介されました
四万十ナイフ2006年夏号 サライ・ラピタ大人の逸品に掲載されました。/
「大人の逸品」に晶之作 『四万十剣鉈 青6寸』掲載!

日本農業新聞に掲載されました。



イベント
     
ロシア
三代継承表彰

故 初代豊国/三代目晶之 濱口虎吉 故 二代目豊国 濱口大輔 プロフィール 三代目豊国 濱口高輝 プロフィール 四代目晶之 濱口誠 プロフィール

最終更新日:6月28日(水)
  • 見積り依頼
  • トヨクニのポイント
  • 会員登録のメリット
  • お客様の声
  • メルマガ登録
  • メディア掲載情報

営業日カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ご注意ください!

このホームページに掲載されている記事・写真・図表・ソースなどの禁無断複製・無断転載を禁じます

プライバシーステートメント

個人情報の保護、
安全についてのご説明

TRUSTe CERTIFIED PRIVACY